562cbe51.JPG子供の頃飼っていた犬のお墓参りに行って来た。
そのお墓は深大寺動物霊園といって調布の深大寺の中にある。

その飼っていた犬には大変申し訳ないんだけど、小学生の頃に納骨して2〜3年位はたまにお墓参りに行っていたが、年を重ねるうちに行かなくなってしまっていた。
部屋にその犬の写真は置いてあるんだけど、いつも何となしに見ている写真をふと見た瞬間、何だかお墓参りに行かなきゃって気分になって行って来た次第であります。汗

実は、お墓参りともう一つ目的があったんだよね。笑
タイトルと写真にある

深大寺そば

なのだ。
最後に行ったのは小学校低学年の頃だったから、深大寺への行き方はもちろん、その風景もよく憶えていなかった。
でもお墓参りの帰りに決まって食べていた深大寺そばのおいしさは鮮烈に憶えていたのだ。

んで、今日も小学校の頃に行っていたお店でまた食べました。
深大寺に着いてみると、どんどん風景を思い出して当時食べていたお店もすぐにわかったんだな。お店は綺麗になっていたけど、雰囲気は変わらなかったな。
懐かしくて楽しい気分になりました。

そのお店は創業130年以上の老舗江戸時代から続いているお店なのだ。
この深大寺周辺には深大寺そばのお店が約25軒(正確な数はわからん)あって、そば通の間では僕の行ったお店よりもっとおいしいという評判のお店があるみたいだけど、僕にとっては思い出もあって、とてもおいしいお店だと思うんだな。
もちろん味の好みは千差万別だから、色々な意見があっていいと思うよ。
そのお店の名前は

元祖嶋田家

といいます。興味ある人は行ってみておくれ。
深大寺そば自体、江戸初期から350年以上続く歴史のある郷土名物なので元祖嶋田家さん以外のお店でも、話のたねに行く価値あると思うよ。
(深大寺には中央道調布インターから行くとわかり易いと思います。)


ところで、お墓参りに行くにあたって調べて初めて知ったんだけど、深大寺って歴史あるお寺なんだね。
浅草の浅草寺に次ぐ古いお寺さんなんだって。
奈良時代に開かれたそうだ。すげーな。
深大寺周辺もなんだか趣きがあって好きだな。茶屋風のお店が軒を連ねている感じがね。

周辺には温泉があったり、植物公園があったり、結構遊べるなぁなんて思ったよ。
子供の頃に行った時には無かった、

鬼太郎茶屋

というのもあった。笑
僕、ゲゲゲの鬼太郎は凄く好きだから、その建物を見つけた瞬間、「すげー!」と思ったんだけど・・・もう閉まってた。

kitaroutyaya1
次は絶対来ようと心に誓ったのだ。笑

kitaroutyaya2
悔しいから写真だけでもと思って撮ってきた。
ゲゲゲハウス。


もし深大寺に行く時は時間に気を付けた方がいいよ。
この鬼太郎茶屋も含めて、そば屋などのほとんどのお店が17時で閉まってしまうから。笑
元祖嶋田家さんも閉店時間過ぎてたんだけど、無理言って食べさせて頂きました。感謝。
素敵な店員さん達だったな。

また近いうちに深大寺に遊びに行こう。

kitaroutyaya3
鬼太郎茶屋の車
作者の水木しげるが調布に住んでるんだって。


→深大寺とみどころ
(調布市観光協会)

→深大寺とは?
(ウィキペディア)

→深大寺そばマップ
(ナビ多摩)

→元祖嶋田家
(ぐるなび)

→出没!アド街ック天国/深大寺3位
(やっぱりアド街でもやってたのね。)

→鬼太郎茶屋 深大寺店

→深大寺動物霊園