まーてぃん@Samuraion

面白いと感じた事や、興味のある事などを紹介しています。

音楽

自動チューニングシステム/The Performer3

c20c07ed.jpgニュース記事見ていたら懐かしい写真が出てた。

自動チューニングシステム
「The Performer」


の写真。
記事見ればわかると思うが、念の為説明すると、

ギター(弦楽器)のチューニング(調弦)を自動調整してくれるというもの。
ギターなどの弦楽器は構造的に未完成な為に、正確(完璧)なピッチ(音程)を出すことは絶対にできない。(バズ・フェイトンはかなり完璧に近いみたいだが。)よって、個々の楽器によって程度は違うが演奏しているうちにピッチがずれてくる。それを5秒程で自動調整してくれる(チューニングし直してくれる)のがこのシステム。


記事によると何だかまた最近というか、最近になってからなのか、このシステムが注目されてるみたいね。
記事の文の感じだと目新しい紹介の仕方だけど、僕が知ってる限り12・3年位前からこのシステムは存在してる。
おそらく僕が最初に見たのは、93年発表の「COVERDALE PAGE」のアルバムでジミーペイジが使ってたギターかな。
当時は、「何だあのボタン?」って不思議に思ったっけ。今は知らないけど、当時すげー値段高かったな。
安くなってたら、僕も導入してみるかな。

しかしながら、ギター(弦楽器)のこの手の革新的な技術っていまいち世間一般的に浸透しきらないよね。多分いろんな意見があって好き嫌いが分かれるんだと思うな。

「あの、未完成なピッチがちょっと狂ってる感じがアナログで暖かくて好き」って意見と、
「ピッチが狂ってるのはどうにかならないものか」って意見と

両方言い分があるんだろな。
確かに、完全な絶対的な音程になってしまったらデジタル楽器とさして変わらなくなる気がする。でも、ピッチが狂うのも嫌だしな。(実際僕のメインギターは、「The Performer」「バズ・フェイトン」ではない違うシステムを入れている。)難しいな。笑

この「The Performer」は実際、推測だが導入するとなると音質変化を覚悟する必要がありそう。ボディ裏をザックリ開けなきゃならないみたいだから。

zidoutyu-ninngu_ura
「The Performer」搭載ギターのボディ裏。

にしても、バリエーションのひとつとして「The Performer」搭載ギターを持つのはいいかもしれん。金があればの話。笑

先にも書いたが、このシステムの写真見てカバーデルペイジを思い出したが、あの時の来日公演、そういえば見に行ってた。「ジミーペイジが来る!」って嬉しくて見に行った記憶があるな。実際見たジミーペイジは年齢なのか、練習不足なのかたくさんミスってた。ミスというよりそれが彼の味なのかもしれん。笑
今はおなじみのテルミンも使ってたな。その、5・6年後に一部でひそかなテルミンブームが来てた。今頃、この「The Performer」の記事が出てきたっつー事は、実はジミーペイジ音楽・楽器の先駆者なのかもしれない。笑


→フォトレポート:ファン必見--「自己調節」するギターの数々
(CNET Japan)

→超有名ギタリスト御用達--脚光を浴びる自動チューニング技術
(CNET Japan)


Steve Vai/G3 Live In Denver/グーグルビデオ3

65f12cb4.jpg昨日に引き続き

Google Video
グーグルビデオ


のネタ。
色々検索してみると、やはり
「こんなの流していいのー?」
ってのが結構でてくる。
コアなのは紹介しないが、写真のような
「著作権だいじょうーぶ??」
ってのも多い。
まぁ、見る方にとっては関係ない話だが。

この写真の動画は、

G3 Live In Denver

スティーブヴァイのジャム(ソロ)の様子を収録したもの。
このギター久しぶりに見た。やっぱり弾きにくそうだ。そしてこのギターだと弾いている姿が格好悪い。笑
でもスティーブヴァイ独特のフレーズや、独創性があってなかなか面白かった。
まぁ、彼にはよくあるパターンのソロなんだが、やっぱりすごいね。

良くも悪くも個性があるってのは、格好いいもんだ。例え個人的に趣味でないものでも普通に尊敬する。
興味がある方は下のリンクからどぞ。


→Steve Vai/G3 Live In Denver
(写真の動画です。)

→Google Video

→海外のロードスタービデオ/グーグルビデオ
(過去記事)

ヴァン・ヘイレン/VAN HALEN3

5509ea85.JPGリアルタイムに更新した通り、今日はちょいと出かけてきました。
最近、車が調整・修理から戻って来てなかなか調子が良くて、運転したくて今日はいろいろ行きました。
久しぶりのドライブだ。

運転している間、ほんと久しぶりに

ヴァン・ヘイレン/VAN HALEN

を聞いた。

BEST OF VOLUME1
グレイテスト・ヒッツ


ってやつ。
何年ぶりに聞いただろうか、7・8年ぶりに聞いたかな。
すげー懐かしかった。
いまや80〜90年代終わりまでの、ハードロック・ヘヴィメタルの盛り上がりも薄れて影もないから、聞いててちょっと面白かったよ。
気付いたら「パーナマ〜」とか、うかつにも口ずさんだりしてしまった。汗

vanhalen_panama
「PANAMA」
のビデオクリップ


そんで、運転を楽しみながらボケーっと聞いてたら、急にビデオクリップを思い出した。あの頃のビデオクリップっておかしなモノが多いんだよな。
衣装がおかしかったり、ヘンなストーリー性があったり・・・

vanhalen_hotfor1vanhalen_hotfor2
「HOT FOR TEACHER」のビデオクリップ
この相撲もどきは何だろう・・・

ヴァン・ヘイレン例に漏れずおかしいのが多い。
っていうかおそらく、ボーカルのデヴィッド・リー・ロスがおかしいのかもしれない。
ヴァン・ヘイレンを抜けた後に出したアルバム

Eat Em & Smile

のビデオクリップもおかしい。笑

vanhalen_david
ヒット曲
「Yankee Rose」
のビデオクリップ
なんだこの衣装・・・


こういうイカれた感じは嫌いじゃないんだけどね。ついついツッコミたくなってしまう。むしろ好きかな。笑
前にも書いたけど、こういうイカれたのに共通するのはやっぱり、80年代ってことだな。爆


今日聞いてたこのヴァン・ヘイレンのベストアルバムついては、僕の中ではなかなかかな。だから星3つ。
初期の古い所から年代を追って収録されてるからね。
ヴァン・ヘイレンの入門編?って感じかな。
「JUMP」「PANAMA」とか有名だよね。皆一度はどこかで聞いた事があるはず。今まで知らなくて、これからヴァン・ヘイレンを聞いてみたいという人にいいんじゃなかろうか。
 あと、このアルバムに収録されている
「HUMANS BEING」
は、映画「ツイスター」の主題歌だったよね。
個人的には、「ツイスター」の映画自体も結構好きだし、曲も好みかな。ヴァン・ヘイレンらしい展開の曲だと思う。

初期の代表曲から映画の主題歌まで収録されているし、このアルバムは聴く価値アリかもね。

ちなみにヴァン・ヘイレンのなかで僕が好きなアルバムは、
「1984」
だな。


→80年代・・・好きだ。
(過去記事)

→ツイスター評論
(淀川長治の銀幕旅行)




軍艦行進曲・軍艦マーチ/軍歌オムニバスCD3

0f761567.jpgあるツテで、軍歌のオムニバスCDを手に入れた。
軍歌といえば、

軍艦マーチ

が思い浮かんだが、日本の軍歌ってたくさんあるんだね。
軍艦マーチも含めて、2枚組のアルバムに全28曲入ってました。

僕、知らなかったんだけど、軍艦マーチって元は

軍艦行進曲

という名前で作られていて、歌詞があるんだよ。
聞いてみてびっくりしちゃった。パチンコ屋のBGMのイメージしかなかったから。
歌詞の内容はやはり、お国の為に〜的な感じ。

守るも攻むるも黒鉄の
浮かべる城ぞ頼みなる
浮かべるその城日の本の・・・



このアルバムを一通り聞いてみて、何だか新鮮さを感じた。
(別に僕自身、このテの決まった思想はないです、念のため。)
自分も曲を作っているから、やはり音楽的見地から見てしまう。
なんとなしに聞いてると気付かないけど、曲の構成に起承転結があって展開があるんだよね。
僕が聞いたのは「海行かば」が入っている軍艦行進曲だったんだけど、その「海行かば」部分からが”転”になっていて、なかなか興味深かった。


このアルバム、車の中で聞いてたらおかしいと思われちゃうかなぁ。
まぁ、好みはあると思うし個人的な意見だけど、軍艦マーチって古く日本人の体に染み付いた曲だと思うのだ。
DNAが知っている・・・みたいな、笑
かつてのパチンコ屋なんてそうだったけど、この曲が流れ始めると何だか興奮するというか、やる気に満ちてくるような気がする。
だから、車で聞いてみたい・・・こっそりと。笑

ブ〜ン


ちなみに、何故パチンコ屋で軍艦マーチを流すようになったかというと、一説には、
1951年に有楽町にあった「メトロ」というパチンコ屋で流し始めたのが、日本全国へ広まっていったとのこと。
詳しくはリンクからどぞ

色々探してみたら、歌入りの軍艦行進曲を使ったフラッシュもあったよ。僕の持ってるアルバムはこのバージョンじゃなかったけど。


→軍艦行進曲フラッシュ動画

→軍艦行進曲とは?
(ウィキペディア)

→パチンコ屋の軍艦マーチの由来について
(以玉伝心/社長通信)

→軍艦行進曲と銀の玉
(詩のある風景)


僕が手に入れたアルバムは古かったのか、アマゾンでは無かったよ。上の2枚は、僕の持ってるのに近い感じかな。

ツインピークス サントラ/TwinPeaks Soundtrack4

bc396941.JPGたまに聞く好きなCD

ツインピークス サウンドトラック

です。

もう随分昔になったけど、世界各国のツインピークスブームは凄かったな。
撮影地となった、アメリカ・ワシントン州スノコルミー周辺を回る「ツインピークスツアー」なるパック旅行まであった。

僕も当時、結構ハマって見ていた。
無性に見たい時があるんだけど、個人的にツインピークスは全話一気に見たい。
だからしばらく見れないでいるのだ。長いからね。
登場人物も結構多いし伏線に次ぐ伏線で、間が開いてしまうと一瞬ワケがわからなくなってしまう。

これ、テレビシリーズだったから、1クールごとに放送して人気に火がついたところで、もう1クール延長みたいな感じだったから、つぎはぎ的な部分があって複雑になってしまった。(と現地アメリカでは言われていた。)
結果的にそこがミステリアスな魅力になったのかもね。

本当につぎはぎしてたか真相はわからんけど、鬼才といわれる監督のデビットリンチが、全話最初から最後まで構想にあった上で放送を開始してたとしたら、とてつもないよな。

ストーリーの最後の方は、現実離れしたあらぬ方向に行ってしまって、ここは好みが分かれる所だと思うけど、最初から一気に見てしまえば、あまり違和感無く見る事ができると思う。

このCDは、ツインピークスを見てれば、
「ああ、あのシーンの曲だ。」
みたいに、映像もフラッシュバックされてイイと思うよ。
ツインピークスって、例えば

「RRダイナー」はこの曲、
「ブックハウス」はこの曲。


みたいな感じで、場所ごとにいつも同じ曲が流れるから、シーンの映像がすぐ浮かぶんだよね。

全体的には、ムーディ(笑)というか暗い感じのCDだね。
個人的には、夜の首都高速とかで聞きたいと思うようなアルバム。
そうそう、このアルバムは「夜」な感じ。

そいえば、ウチじゃ見れないんだけど、LaLaTVでまた放送してんだよな。
加入しよっかな。


→LaLaTV/ツインピークス

→LaLaTVホームページ

→Taro’s HomePage
(ツインピークスについて色々。)

→TwinPeaks旅行記
(Taro’s HomePageより)

ジャック・オズボーン/BMW X53

7c44fb4e.JPGジャック・オズボーンの車

BMW X5

です。
ジャック・オズボーンといえば、おバカな重鎮・オジー・オズボーンの息子ですね。

蛙の子は蛙。

息子もなかなかのおバカさんです。
この車、写真じゃよくわからないと思うけど、ボディの片側だけペイントしてある。
逆側を見るとペイントしてない。ヘアスタイルでお馴染みのアシンメトリーでしょうか・・・
ホイールやバンパーはもちろん、内装もJBLのスピーカーやらDVDやら、金かけてます。
極めつけは、ハッチバックを開くと床下からドクロが顔を出します。
すごいセンスだ。笑
いかれた金持ちのやることはすごいね。

でもセンスはともかく、高級なBMWだろうが何だろうが改造したりする、常識に囚われない感じは好きだな。そういう意味ではカッコイイ。ロックだ。

そういえば、オジー・オズボーンの家族はみんないかれてるんだよな。
家族全員ロック。頭がおかしい。その辺はMTV「オズボーンズ」でお馴染みだね。(オジーがバギーで転んで、瀕死の重傷を負った回は面白かったな。あれ本当に死の境をさまよったんだよね。)

アーティストとしては、オジー・オズボーンは初期の頃が好きかな。
音楽の内容ももちろん、私生活からイカレている彼(と家族)本物だと思います。

ちなみにこの車は、ディスカバリーチャンネルの番組でやっていたものです。

ハッチバックを開けると床下から飛び出すドクロ
←ハッチバックを開けると床下から飛び出すドクロ
カスタムのテーマは黒魔術。笑



→ダークサイド/カスタムカー
(ディスカバリーチャンネル)

→BMW X5
(BMW Japan)

→「地獄の家族の隣には住めない」
(BARKS ニュース)

→The Osbournes
(MTV)


PUMPのビデオ/エアロスミス3

b1b92145.JPG先日、古本屋に行ったらエアロスミス

PUMPのビデオ

が300円で売っていました。
こりゃ買わなきゃいかーん
と思ってすぐに手に取り、レジへ急ぎました。
別にすごくエアロスミスのファンってわけでもないけど、仮にも音楽をやっている端くれとしては、大御所なわけだし、見たいと思いました。
45分位の短いビデオでしたが、それなりに見ごたえがありましたよ。
当然、音楽には好みがあるわけで、意見は色々あると思うけど、僕は昔のエアロスミスが好きだな。
「PUMP」〜「GET A GRIP」あたりまでが限界かな。
(GET A GRIPあたりだと比較的新しめだけどね)
10年程前には、生でライブを見たことがあります。
スティーブンタイラーとジョーペリーに偉く感動したのを覚えています。
このビデオの中のメンバーはさすがに今より若くて、カッコイイです。
(それでも、このビデオの時点でも結構歳いってるはずだけどね。笑)
好きなアルバムは、
「Permanent Vacation 」とか
「ROCKS」
かな。
僕もいつまでたっても、おやじになっても、子供でロックな人間でいたいな。

ボスのコンパクトエフェクター消しゴム3

b6544ef9.JPGふと片付けをしていると懐かしい物が出てきました。

ボスのコンパクトエフェクター消しゴム

です。
写真の中の2つの大きい物体じゃないですよ。その下にある小さな青いやつ、これが消しゴムです。
上の2つは実物です。比較する為に一緒に写真を撮りました。

これは、ボスのキャンペーンでローランドクジとして配っていた物です。ボスのエフェクターを買った人はクジが引けて、当たれば賞品が貰えたんです。そのクジの中に、当たりでもはずれでもこの消しゴムが入っていました。

今はそういうキャンペーンってやったりしてるのかな。以前はボスのマグネットが入っているクジもあったな。夏休みにやるんだよね。中高生向けのキャンペーンです。
 実は僕、以前楽器屋でバイトしてた事があって、当時はこの消しゴムをたくさん持っていました。役得です。得なのかは微妙ですが。
もちろんクジを騙し取っていたワケじゃないですよ。クジを引いたお客さんで、「別に消しゴムいらないよー」って人から頂いていたんです。

昔は、ボスといえば王道のエフェクターでしたが、今はその定説も無いんだろうな。
僕も普段の機材として、あまり使用していません。一部、曲や出したい音によっては使用する時もありますが。一番の良い所は頑丈なボディでしょうか。バカにしているわけではなく、これホント。他のエフェクターに比べて強いんだよね。
また機会があれば、僕の使用している機材を紹介します。

ところで
この消しゴム集めてるマニアっていないかな。高く買う人いたりして。はは


→ボスホームページ

やっぱりかっこいいなぁ。4

452bc3e1.JPG先日、ラフィンノーズYossyさんと飲みました。
久しぶりに会いましたが、変わらずとてもいい人でした。
あんな歴史あるバンドのドラマーなのに、全然偉そうにもしないし、むしろ気を遣って頂いたりして感激致しました。

私はそんなに長い付き合いではありませんが、恐れ多くも「おにいさん」と呼ばせていただいております。
年に数回ではありますが、遊んで頂いています。

知ってはいましたが、先日もやっぱりびっくりしてしまいました。
何にびっくりしたかというと、Yossyさんは酒が強い!
夕方6時位から飲み始めて、終わったのが翌日朝の4時。その間、ひたすら飲んでいたのに、酔っ払う感じもなく全然変わらない。
私はそんなに酒が強くないので、ついて行くのに必死です。
どうしたらあんなに強くなるんだろ?

この夏も全国様々な場所でのライブスケジュールがある忙しい中、私のような年下の若造の相手をしてくれて、とても嬉しかったです。
話も面白いし、酒も強いし、何よりロックな生き方に尊敬しています。



→ラフィンノーズホームページ
プロフィール
まーてぃん@ギター
「鰕」という文字が読めますか?

トップページURL
http://samuraion.livedoor.biz/
(ブックマークはこちらへ)
出先からの写真
マイカー
ユーノスロードスター
平成3年式
NA6CE
Vスペシャル
Store-mixで商品を探す
欲しい物を入力し買う。
Store-mix.com

"もっと"簡単ショッピング&nbspStore-mix.com

となりまちショッピングモール Store-mix.com

となりまちショッピングモール Store-mix.com
オムニバスCDランキング
外国映画DVDランキング
最新コメント
最近紹介した商品
crazy dot【■コンテスト開催■特注スニーカーのマイオリジナリティー】
特注スニーカー
crazy dot

15,800円(税込)






いも焼酎 黒霧島パック1.8L【大黒屋中森酒店】
いも焼酎
黒霧島
パック1.8L

1,680円(税込)


たこせんべい 【食玩・駄菓子等の卸売問屋(有)みぞた商店】
たこせんべい
168円(税込)


伝説の名車たち 2006年カレンダー【Goods Mart】
伝説の名車たち
2006年カレンダー
2100円(税込)



黒糖焼酎 喜界島 1.8L【大黒屋中森酒店】
喜界島
黒糖焼酎
1.8L

1,969円(税込)




浮世絵「和窓」半袖和柄Tシャツ/パッチワーク/ニット/浮世絵柄・窓/日本製/綿100%/ 赤・黒 <5102>【和がら洋服・雑貨の店【ら・さら】】
浮世絵「和窓」
半袖和柄Tシャツ

2900円(税込)

□コイケヤ ポテトチップス のり塩 90g(12個)■4707【特売屋NIJIBEKKAI 】
コイケヤ
ポテトチップス(のり塩)
90g(12個)

1,512円(税込)

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ