まーてぃん@Samuraion

面白いと感じた事や、興味のある事などを紹介しています。

カテゴリ: FX

カナダドル円の指値を一応入れてあります。

■カナダドル円 ロング
一次:86.960(新規注文)
二次:86.710(ストップロス注文)

CADJPYH10414
(カナダドル円1時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑ATRSTOP(白太線)とATR中心線が同水準にあり、そのレベルを上抜けたあたりに買い指値です。
ストップロスは、フィボナッチファン(赤ライン)の下、直近安値のレベルに。



ロングしました。

・・・最近、成績が良くないので詳しくは書きません。

今日もスキャルピングモードになりそうです。今日はユーロドルかな?

■SGドル円 ロング
新規:81.595
ストップロス注文:81.200

SGDJPYH40412
(SGドル円4時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑たまにシンガポールも良いよね。

ストキャスティクスもいいところまでやってるし・・・複数表示している時間軸の異なるフィボナッチファンもサポートとして効きそうな気も・・・



結局ストップだったわ。ツマラナーイ

継続していたユーロドルロングとカナダドル円ロングは、どちらも建値ストップになっております。

■ユーロドル ロング
新規:1.18844
決済:1.18844
差引:プラスマイナス0

エントリー時の記事はこちら↓


■カナダドル円 ロング
新規:87.150
決済:87.150
差引:プラスマイナス0

エントリー時の記事はこちら↓


EURUSDH40407
(ユーロドル4時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑エントリー直後のチャート画像です。
フィボナッチファン38.2を上抜けてきたのでエントリーしたのでした・・・

EURUSDH40412
(ユーロドル4時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑直近のチャート画像です。
ヨコヨコモードになってしまった。

CADJPYH10409
(カナダドル円1時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑エントリー直後のチャート画像です。
昨年5月を起点とした長期フィボナッチファン38.2と、ATR緑ラインを同時に上抜けしたのでエントリーしたのでした。

CADJPYH10412
(カナダドル円1時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑直近のチャート画像です。
思惑通りの上昇を見せていたのですが、今日になって全戻しの下落。カナシイワ



昨日エントリーのスイスフラン円は損切りでした。

■スイスフラン円 ショート
新規:117.853
決済:118.211
差引:−35.8pips

エントリー時の記事はこちら↓


CHFJPYH10408a
(スイスフラン円1時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑エントリー直後のチャート画像です。

CHFJPYH10409
(スイスフラン円1時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑直近のチャート画像です。
エントリー直後は思惑通り下落を演じましたが、ATR黄緑ラインが機能して見事に切り返し。

「じゃぁ、そこで利確しておけよ」

と聞こえてきそうですが、含み益を伸ばす為に、利が出るとタイムフレームを大きくして都度判断を変更していくのです、わたし。

だから最近、損切り貧乏なのですよ、へへ。

・・・そして今日も懲りずに新規エントリーです。

■カナダドル円 ロング
新規:87.150
ストップロス注文:86.800

CADJPYH10409
(カナダドル円1時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑昨年5月を起点とした長期フィボナッチファン38.2(ピンクのライン)を上抜け。
同時にATR緑ラインも上抜け。

CADJPYH10409a
(カナダドル円1時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑上昇トレンドサインが出たように見えます。
ローソク足がボリンジャーバンドの+1σを上抜けし、同時に下段のADX(水色ライン)と標準偏差(オレンジライン)が上向きになっています。
さらに補足としては、MACDがゴールデンクロス後に0ラインを上抜けしています。

ただ今晩、カナダの雇用統計なんですよねぇ・・・ちゃぶ台返しにならなければいーけど。

最近ダメダメ病だからお願いしますよ、ほんと。
たまにはスキャルピング以外でも勝たせて。



昨日エントリーの豪ドルNZドルショートは、簡単にストップロスがついてしまいました。損切り貧乏だわ。

そろそろ大きめプラスが欲しいなぁ・・・今年は一撃300pipsとか無い状況。
こころが疲れてきたよ。

■豪ドルNZドル ショート
新規:1.08335
決済:1.08701
差引:−36.6pips

エントリー時の記事はこちら↓


AUDNZDH10407
(豪ドルNZドル1時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑エントリー直後のチャート画像です。
ATRSTOPを下抜けたので、エントリーの判断になりました。

AUDNZDH10408
(豪ドルNZドル1時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑直近のチャート画像です。
結局ATRSTOPは騙しで、ATR緑ラインとフィボナッチファン61.8が強かったということに。

そして今日は久しぶりにスイスフラン円をショートしてみています。
個人的には「米ドル売り」の地合いになって欲しいのですが、仮に「円買い」の地合いになった時のためにと思いまして・・・だったらドル円をショートしろよって感じですが。

■スイスフラン円 ショート
新規:117.853
ストップロス注文:118.210

CHFJPYH10408
(スイスフラン円1時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑下落トレンドサインが発生した感じにも見えます。最近はすぐひっくり返るから困っているんですけどね・・・
ーーーーー
・ローソク足がボリンジャーバンド −1σ の外側に
・下段のADX(水色ライン)と標準偏差(オレンジライン)が上向きに
ーーーーー

CHFJPYH10408a
(スイスフラン円1時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑ATRSTOP(茶色太線)を下抜け気味。フィボナッチファンとATR緑ラインが同水準なので、抜けるのは難しいかもしれませんが、逆説的に抜けると面白いかもと思ったり。



今日は、夕方エントリーしたユーロドルとオージーキウイを横目にドル円のスキャルピングで遊んでおります。

↓ユーロドルとオージーキウイエントリー時の記事


「絶対に儲かる」とか、「正しい理論」なんて無いのが相場の世界ですが、私がスキャルピングをする際のやり方を少しだけ書いておきます。
(個人的な素人の手法ですので、話半分で読んで下さい。)

まず前提として、おおまかな方向感やフェーズ、それぞれのタイムフレームのトレンドなどをおさえていることは必要だと思います。

USDJPYM10407
(ドル円1分足 ※クリックorタップで拡大します)

↑使用するのは1分足です。

■基本として考えているのがATRの中心線(水色とピンク色で色が変化しているライン)です。
ーーーーー
・中心線が水色→買いバイアスが強い
・中心線がピンク→売りバイアスが強い
ーーーーー

■ローソク足がATR中心線に近付いてきたら、エントリーする身構えをします。

■同時にATRSTOP(茶色太線・白太線)の位置に注目します。

■ローソク足が、ATR中心線とATRSTOPを ”同時に” 上抜け・下抜けしたら、その方向にエントリーです。

つまり、水色の丸で囲っているところがエントリーのポイントということになります。
(ATR中心線とATRSTOPが離れている時はエントリーしません。)

利確のポイントは、ATRの黄緑ラインか一番外側の水色ラインです。損切りは、ATR中心線に戻ってきてしまい、逆方向に再度上抜け・下抜けするタイミングに行っています。

スキャルピングする通貨ペアは、その時々ですがスプレッドの狭いドル円やユーロドルですかね。

何度も書きますが、素人の手法ですので・・・



表題の通りでございます。今日は2通貨ペアでエントリーしております。

■ユーロドル ロング
新規:1.18844
ストップロス注文:1.18450

■豪ドルNZドル ショート
新規:1.08335
ストップロス注文:1.08700

EURUSDH40407
(ユーロドル4時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑フィボナッチファン38.2を上抜けてきたのでエントリーです。
上昇トレンドサインも出ています。
ーーーーー
・ローソク足がボリンジャーバンド +1σ の外側で推移
・下段、ADX(水色ライン)と標準偏差(オレンジライン)が低い位置から上昇中
ーーーーー

EURUSDM300407
(ユーロドル30分足 ※クリックorタップで拡大します)

↑揉み合いを上にブレイク。
同時にADXと標準偏差が上向きに、MACDもゴールデンクロスしそうな位置。

AUDNZDH10407
(豪ドルNZドル1時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑フィボナッチファン61.8、ATRSTOP(茶色太線)、ATR緑ラインの下抜けトライ中。
ATRの中心線が水色からピンク色に変化したのと、ATRSTOPに関しては下抜けしきったように見えたのでエントリーの判断となりました。

ATR中心線の説明↓
ーーーーー
・中心線が水色→買いバイアスが強い
・中心線がピンク→売りバイアスが強い
・青の星マーク点灯で買いシグナル
・茶色の星マーク点灯で売りシグナル
ーーーーー

また、低い位置からではないので確度は下がりますが、下段のADX(オレンジライン)と標準偏差(赤ライン)が上向きに転じています。
ーーーーー
・ADXと標準偏差が低い位置から上昇すると、トレンドに発展する傾向がある
・同時に、ローソク足がボリンジャーバンド・プラスマイナス1σの外側に飛び出すと確度が上昇
ーーーーー



昨晩、ツイッターで書いておりますが、結局すべて終了となっております。ざんねん

■ユーロ円 ロング
新規:129.970
決済:129.985
差引:+1.5pips

エントリー時の記事はこちら↓



■豪ドル円 ショート
新規:84.105
決済:84.105
差引:プラスマイナス0

エントリー時の記事はこちら↓


EURJPYH10401
(ユーロ円1時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑エントリー直後のチャート画像です。
丸で囲んでおりますが、ADXと標準偏差の上昇がエントリーのひとつのきっかけでした。

EURJPYH10407
(ユーロ円1時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑直近のチャート画像です。
左の丸でエントリー、右の丸でイグジット・・・昨晩の急激な下げでビビって手仕舞ってしまいました。振り方がエグい。

AUDJPYH10406
(豪ドル円1時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑エントリー直後のチャート画像です。
ATRSTOP(茶色太線)を下抜けしたこともエントリーの判断に。

AUDJPYH10407
(豪ドル円1時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑直近のチャート画像です。
思惑通り下落をし、「いけるかな」なんて思っておりましたが、切り返しての急上昇にこちらもビビってしまい、ストップを建値に変更しておりました。
その後の値動きを見ると、なんともざんねん。こちらも振り方がエグかった。



売り売りしたけれど・・・最近はあまり自信が無いなぁ。

ウリウリした豪ドル円と、継続しているユーロ円ロングを横目に、今日もユーロドルのスキャルピングで自分を慰めたいとオモイマス。

■豪ドル円 ショート
新規:84.105
ストップロス注文:84.470

ユーロ円エントリー時の記事はこちら↓


AUDJPYH40406
(豪ドル円4時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑RSIがダイバージェンス。

AUDJPYH40406a
(豪ドル円4時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑フィボナッチファン50.0を下抜け気味。同時にATRの中心線を抜けきれるかどうか。
下段のADX(オレンジライン)はすでに上昇し始めています。

AUDJPYH10406
(豪ドル円1時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑1時間足ではATRSTOP(茶色太線)を下抜け→ATR緑ラインの攻防。
下段のADX(オレンジライン)と標準偏差(赤ライン)は、(トレンド発生の可能性を示唆する)上昇となっております。



先週から継続していたユーロスイスフランロングは損切りとなっております。ユーロ円ロングはまだ継続しております。

スイングトレードはなんだか難しい地合いな感じですね・・・昨日もそうだったのですが、最近はもっぱらユーロドルのスキャルピングで遊んでおります。

■ユーロスイスフラン ロング
新規:1.11038
決済:1.10650
差引:−38.8pips

エントリー時の記事はこちら↓


EURCHFH40401
(ユーロスイスフラン4時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑エントリー直後のチャート画像です。

ボックスの高値水準でしたが、テクニカル的に上昇トレンドサインが出ていたので、ブレイク期待からエントリーしたのですが・・・
ーーーーー
・ローソク足がボリンジャーバンド +1σ の外側に
・下段、ADX(水色ライン)と標準偏差(オレンジライン)が上昇
ーーーーー

EURCHFH40406
(ユーロスイスフラン4時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑直近のチャート画像です。

上昇トレンド継続せず、ほぼ高値掴みでした。
ボックス継続な感じですが、なんとなく下値が切り上がってきているような・・・



ユーロ円とユーロスイスフランをロングしました。
どちらの通貨ペアも直近の上値抵抗水準ですので逆張りしたくなるところですが、いつものブレイク方向へのベットです。

■ユーロ円 ロング
新規:129.970
ストップロス注文:129.600

■ユーロスイスフラン ロング
新規:1.11038
ストップロス注文:1.10650

EURJPYH10401
(ユーロ円1時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑キレイに上値に蓋をされているようなチャート形状です。
下段に丸で囲っておりますが、ADXと標準偏差が底辺で上向き転換しているので、ここからの上昇余力に期待しています。
フィボナッチファン23.6もしくはATRの中心線をサポートに、上値ブレイクをしていくイメージです。

・・・はたして??

EURCHFH40401
(ユーロスイスフラン4時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑およそ1ヶ月近くボックス状態です。
こういう時は確度は多少低くはなりますが、一応上昇トレンドサインが発生しております。
ーーーーー
・ローソク足がボリンジャーバンド +1σ の外側に
・下段、ADX(水色ライン)と標準偏差(オレンジライン)が上昇
ーーーーー

EURCHFDaily0401
(ユーロスイスフラン日足 ※クリックorタップで拡大します)

↑日足では今日の引けで上昇トレンドサインが発生するかどうかという局面です。
ーーーーー
・ADXと標準偏差が低位で上向きになりかかっている
・終値でローソク足がボリンジャーバンド +1σ の外側を維持できるか
ーーーーー

EURCHFH40401a
(ユーロスイスフラン4時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑ATRSTOP(白太線)を上向けしそうな感じです。
さらにそのATRSTOPがATR緑ラインと同水準ですので、上抜けできれば少し期待できる展開になるのではないかと妄想しております・・・



なんかイマイチ。

ユーロドルロングとポンドドルロングのポジションは結局、建値決済で終了してしまいました。

■ユーロドル ロング
新規:1.17437
決済:1.17437
差引:プラスマイナス0

エントリー時の記事はこちら↓


■ポンドドル ロング
新規:1.37670
決済:1.37670
差引:プラスマイナス0

エントリー時の記事はこちら↓


EURUSDH40330
(ユーロドル4時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑エントリー直後のチャート画像です。
やりすぎぢゃないの? ということでエントリーなのでした。

EURUSDH40401
(ユーロドル4時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑直近のチャート画像です。
「やりすぎ」だったのかどうかはともかく・・・一応下げ止まりましたが、反発せず揉み合いな感じに。
スワップは持っていかれましたが、一旦終了で良かったかもしれません、次に行けますから。

GBPUSDH10331
(ポンドドル1時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑指値注文を入れた際のチャート画像です。
押し目狙いからの上昇を期待していたのでした。

GBPUSDH10401
(ポンドドル1時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑直近のチャート画像です。
妄想通り小さい押しで新規約定し、さらに妄想通り上昇しましたが、結局全戻し。
逃げがむずかしいわ、だめだこりゃ。



一応ポンドドルの指値注文を入れております。
ロングです。

■ポンドドル ロング
一次:1.37670(新規注文)
二次:1.37330(ストップロス注文)

はたして約定するのかどうか、仮に約定したとしてうまく行くのかどうか・・・
指値注文は「約定するかどうか」と、「約定後の動き方」の二つあるので、二度楽しめますね。

GBPUSDH10331
(ポンドドル1時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑陽線の立て方が急すぎるので何とも言えませんが、一応上昇トレンドサインが出ています。
ということで、押し目狙いな感じの指値です。
ーーーーー
・ローソク足がボリンジャーバンド+1σの外側に
・下段のADX(水色ライン)と標準偏差(オレンジライン)が上昇
ーーーーー

GBPUSDH40331
(ポンドドル4時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑フィボナッチファン76.4を上抜けできるかどうか。
仮に下段のストキャスティクスが有用だとするならば、まだ上昇余地がありそうな・・・

GBPUSDDaily0331
(ポンドドル日足 ※クリックorタップで拡大します)

↑日足ではテクニカル的にはトレンドレス。
今日の引け次第ではありますが、現在のところローソク足がボリンジャーバンド−1σの内側に入ってきていますので、この状況が続けば(上昇バイアスが若干強めの)”ランダム相場に移行”という解釈ができます。



逆張りってそんなもんですよねー。あっさり通過していってしまいました。

■豪ドルドル ロング
新規:0.76320
決済:0.75899
差引:−42.1pips

エントリー時の記事はこちら↓



AUDUSDH10330
(豪ドルドル1時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑エントリー直後のチャート画像です。
「レンジプレイ」を妄想してのエントリーでした、が。

AUDUSDH10331
(豪ドルドル1時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑直近のチャート画像です。
フィボナッチファンもATR緑ラインも効きませんでした。



表題の通りです。豪ドルドルをロングしました。
一つ前のユーロドルロングの記事では、「天の邪鬼ロング」などと書きましたが、こちらはどちらかというと「レンジプレイ」的な要素が強いかもしれません。

ユーロドルロングの記事↓


■豪ドルドル ロング
新規:0.76320
ストップロス注文:0.75900

AUDUSDH10330
(豪ドルドル1時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑レンジの下限に近づいているのと、ストキャスティクスもいいところまでやっていたので、逆張りでロングしました。
ストップロス注文は、フィボナッチファン23.6を下抜け、ATR黄緑ラインを下回るあたりです。



「米国債利回り上昇がなんぼのもんじゃーい」

という天の邪鬼な思いから米ドルを売ったのです・・・おためしで。
ま、ダメ元ですよ。

■ユーロドル ロング
新規:1.17437
ストップロス注文:1.16980

EURUSDH40330
(ユーロドル4時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑ATR黄緑ラインに張り付いています。
状況によるところはありますが、ATR黄緑ラインは通常逆張りの目安として使用することが多いです。ストキャスティクスもいいところまで下げているので、「そろそろいいんじゃない?」てことで天の邪鬼ロングです。

補足としては、下落局面にもかかわらず、下段のADX(オレンジライン)は上昇していますが、標準偏差(赤ライン)は下を向いたまま。テクニカル的には下落トレンドの条件を満たしておりません。

EURUSDH10330
(ユーロドル1時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑1時間足もATR黄緑ラインに張り付き。
ストキャスティクスもいいところまでやっています。



昨晩ツイッターではリアルタイムに報告させて頂いておりましたが、継続していたポジションはすべて決済しております。

■豪ドルNZドル ロング
新規:1.08265
決済:1.08977
差引:+71.2pips

エントリー時の記事はこちら↓


■ポンドドル ショート
新規:1.38300
決済:1.37777
差引:+52.3pips

エントリー時の記事はこちら↓


AUDNZDDaily0319
(豪ドルNZドル日足 ※クリックorタップで拡大します)

↑エントリー直後の日足のチャート画像です。
1日前に陽線をつけたことで、上昇トレンドサインが発生しておりました。
ーーーーー
・ローソク足がボリンジャーバンド +1σ の外側に
・下段、ADX(水色ライン)と標準偏差(オレンジライン)が上昇
ーーーーー

AUDNZDDaily0330
(豪ドルNZドル日足 ※クリックorタップで拡大します)

↑直近のチャート画像です。
テクニカル的には上昇トレンドサインは消滅しておりませんが、数日あたまが重く、揉み合い状態でしたので一旦手仕舞うという判断になりました。

GBPUSDH40329
(ポンドドル4時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑エントリー直後のチャート画像です。
ATR緑ラインとフィボナッチファン76.4が同水準でしたので、逆張りの判断でした。

GBPUSDH40330
(ポンドドル4時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑直近のチャート画像です。
運良くシナリオ通りレジスタンスとして機能しました。そしてさっさと手仕舞ってしまいました。
その後の動き見ると、上下どちらに向いているのか訳がわからない感じですので、やめて良かったのかもしれませんね。



今日エントリーしたポンドスイスフランショートはあっけなく損切りに。

■ポンドスイスフラン ショート
新規:1.29210
決済:1.29550
差引:−34pips

エントリー時の記事はこちら↓


再度、ポンドドルでショートエントリーしました。さらにビンタを食らうモードかもしれません。

■ポンドドル ショート
新規:1.38300
ストップロス注文:1.38720

GBPUSDH40329
(ポンドドル4時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑ATR緑ラインとフィボナッチファン76.4が同水準ですので・・・思い切って逆張りです。なかばヤケクソ気味。



ポンドスイスフランを打診で売りました。

そもそもポンドは平気でテクニカル分析を裏切るのであまり期待しておりませんが、やはりそれでもテクニカルで雰囲気が出た時は捨てても良いつもりで、何も考えずにエントリーすることにしているのです。

・・・今日もそんな感じでエントリーしました。

■ポンドスイスフラン ショート
新規:1.29210
ストップロス注文:1.29550

GBPCHFDaily0329
(ポンドスイスフラン日足 ※クリックorタップで拡大します)

↑RSIがダイバージェンス気味です。

GBPCHFH40329
(ポンドスイスフラン4時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑ローソク足がボリンジャーバンド+1σの内側に入りかかっています。

GBPCHFH10329
(ポンドスイスフラン1時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑ローソク足がATRの中心線(水色ライン)を下抜け。
さらにATRSTOP(茶色ライン)を下抜け。



ツイッターではすでに報告済みですが、先週末のユーロ円ショートのポジションはその日のうちに損切りになっております。

■ユーロ円 ショート
新規:128.907
決済:129.170
差引:−26.3pips

エントリー時の記事はこちら↓


EURJPYH10326
(ユーロ円1時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑エントリー直後のチャート画像です。

EURJPYH10329
(ユーロ円1時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑直近のチャート画像です。
すっかり置いていかれたわ。
ウェーブの形成の仕方が嫌な感じ。こわいこわい。



ワタクシ10年FXをやっておりまして、年に何度かあるのでございますが、今の私はことごとく逆に行ってしまう悪いフェーズに入っている模様です・・・ですから参考にはなさらないで下さいませ。

昨日のロングエントリーは損切りに。そして今日は逆張りでショートエントリーしたら含み損に。
もうすぐストップしそう。

↓昨日のエントリー
■ユーロ円 ロング
新規:128.836
決済:128.399
差引:−43.7pips

エントリー時の記事はこちら↓


↓今日のエントリー
■ユーロ円 ショート
新規:128.907
ストップロス注文:129.170

はぁ、こうなったら今日もスキャルピングで遊ぼうかな。

EURJPYH10326
(ユーロ円1時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑エントリー直後のチャート画像です。



そこそこ調子の良かったユーロポンドロングでしたが、急落的な動きで損切りになっております。

■ユーロポンド ロング
新規:0.86198
決済:0.85920
差引:−27.8pips

エントリー時の記事はこちら↓


EURGBPH40323
(ユーロポンド4時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑エントリー直後のチャート画像です。

EURGBPH40326
(ユーロポンド4時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑直近のチャート画像です。
ご覧の通り・・・
ストンと落ちて終了。



なんだかパッとしない相場ですねぇ・・・
昨日はユーロドルのスキャルピングで遊んでおりました。AM2時すぎまで遊んでいたのですが、少し疲れてしまいました。

それはともかく・・・
今日は表題の通り、ユーロ円のロングでエントリーしております。

■ユーロ円 ロング
新規:128.836
ストップロス注文:128.400

EURJPYH10325
(ユーロ円1時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑ロングの判断に至る要因は色々あるのですが、まぁ何となくダブルボトムっぽいかななどと思ったり、右側に表示している価格帯別出来高の山も良い感じに見えたり。

ATRの中心線もピンクから水色に変化しております。
ーーーーー
・中心線が水色→買いバイアスが強い
・中心線がピンク→売りバイアスが強い
・青の星マーク点灯で買いシグナル
・茶色の星マーク点灯で売りシグナル
ーーーーー



昨日エントリーしたユーロドルショートのポジションは、深夜にあっけなく損切りとなっておりました。
逆側にエントリーして失敗した要因は色々あるとは思いますが、結局のところ、上下どちらに向かうにしろ、相場はタイミングってことですね。

あたまでは、わかってます、はい。

■ユーロドル ショート
新規:1.19002
決済:1.19450
差引:−44.8pips

エントリー時の記事はこちら↓



EURUSDH40322
(ユーロドル4時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑エントリー直後のチャート画像です。
再度ボリンジャーバンド−1σの下抜けをトライすると思っていたのですが・・・

EURUSDH40323
(ユーロドル4時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑直近のチャート画像です。
・・・そのまま置いていかれてしまった。
相場なんてナマモノなので後でどうこう説明しても仕方ありませんが、ひとつ言えるのは標準偏差が水平すぎでした。



ユーロポンドをロングしました。
他に豪ドルNZドルのロングを継続しておりますが、もう直近、なんだか米ドル絡みは疲れちゃった。

今日は今のところ、日本円と米ドルは様子見かなと思っていたりします。その考えもロンドン時間・ニューヨーク時間で変わってしまうかもしれませんが。

■ユーロポンド ロング
新規:0.86198
ストップロス注文:0.85920

EURGBPH40323
(ユーロポンド4時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑フィボナッチファンの白ラインと、ATR緑ラインを同時に上抜け。
ATRSTOP(太い白ライン)も少し前に上抜け。

EURGBPH40323a
(ユーロポンド4時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑上昇トレンドシグナルが継続中です。
ーーーーー
・ローソク足がボリンジャーバンド +1σ の外側で推移
・下段、ADX(水色ライン)と標準偏差(オレンジライン)上昇中
ーーーーー



先週末のユーロドルショートのポジションは、その日うちに建値でストップしておりましたが・・・今日も同水準でショートし直しました。

■ユーロドル ショート
新規:1.19073
決済:1.19073
差引:プラスマイナス0

エントリー時の記事はこちら↓


↓本日のエントリー
■ユーロドル ショート
新規:1.19002
ストップロス注文:1.19450

EURUSDDaily0322
(ユーロドル日足 ※クリックorタップで拡大します)

↑今日陰線つけてボリンジャーバンド−1σの外側に出れば、下落トレンド発生な感じ・・・がしなくもない、かな。

EURUSDH40322
(ユーロドル4時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑4時間足もボリンジャーバンド−1σを下抜けできるか・・・
更に下のフィボナッチファン50.0のラインも効きそうな雰囲気なので、ジリジリ下げてくれた方が良い感じ。



豪ドルNZドルをロングでエントリーしました。
しばらく動きの無い様相でしたが、少し変化してきたのかな?なんて妄想しております。
根拠はありません。

■豪ドルNZドル ロング
新規:1.08265
ストップロス注文:1.07750

AUDNZDDaily0319
(豪ドルNZドル日足 ※クリックorタップで拡大します)

↑昨日陽線をつけたことで、上昇トレンドサインが発生しております。
ーーーーー
・ローソク足がボリンジャーバンド +1σ の外側に
・下段、ADX(水色ライン)と標準偏差(オレンジライン)が上昇
ーーーーー
1月、2月と跳ね返されている水準ですので少し怖い気もしますが・・・まぁ、テクニカルが出てしまったら何も考えずにエントリーするのです、わたし。

AUDNZDH40319
(豪ドルNZドル4時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑4時間足でも再度上昇トレンドサインが発生。

AUDNZDH40319a
(豪ドルNZドル4時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑ATRのシグナルでも「買い」が継続中。
ーーーーー
・中心線が水色→買いバイアスが強い
・中心線がピンク→売りバイアスが強い
・青の星マーク点灯で買いシグナル
・茶色の星マーク点灯で売りシグナル
ーーーーー



リアルタイムでストップの変更をツイートしておりましたが、結局、決済になっておりました。
そして、今日も懲りずにユーロドルでエントリーしております。

■ユーロドル ショート
新規:1.19360
決済:1.19360
差引:プラスマイナス0

エントリー時の記事はこちら↓


↓今日のエントリー
■ユーロドル ショート
新規:1.19073
ストップロス注文:1.19530

EURUSDH40319
(ユーロドル4時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑直前のATRSTOPのサポートライン(茶色ライン)の水準で下値が止められています。この水準を下抜けすることができるかどうか。
できれば少し面白そうかな、なんて妄想しております。

EURUSDH40319a
(ユーロドル4時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑ボリンジャーバンド−1σを下抜けすることができるかどうか・・・



昨晩、リアルタイムにツイッターで報告させて頂いておりましたが、本日エントリーのユーロドル以外はすべて手仕舞っております。

■ドルカナダドル ショート
新規:1.25867
決済:1.24689
差引:+117.8pips

エントリー時の記事はこちら↓



■豪ドル円 ショート
新規:84.363
決済:84.260
差引:+10.3pips

エントリー時の記事はこちら↓


USDCADH40311
(ドルカナダドル4時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑エントリー直後のチャート画像です。
今月頭から跳ね返されていた下値をトライしている局面でした。
時間軸の異なる2本のフィボナッチファン、ATR緑ライン、ATRSTOPが同水準にありましたので、下抜ければ面白そうかな、と。

USDCADH40318
(ドルカナダドル4時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑直近のチャート画像です。
赤丸でエントリー。FOMC直前に逃げてしまいましたが、継続していればもう少し取れた感じ。
まぁ、腹八分目ってことでお願い致します。

AUDJPYH10317
(豪ドル円1時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑エントリー直後のチャート画像です。
標準偏差も下げきっており、ここから上昇するにはエネルギー不足と判断してのショートエントリーでした。

AUDJPYH10318
(豪ドル円1時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑直近のチャート画像です。
わーお。
FOMC前に手仕舞っておいて良かった・・・こわいわ



まぁ、やってみますよ。

■ユーロドル ショート
新規:1.19360
ストップロス注文:1.19650

EURUSDH10318
(ユーロドル1時間足 ※クリックorタップで拡大します)

↑ATR中心線、ATRSTOPの同時下抜けにトライ中。

EURUSDM300318
(ユーロドル30分足 ※クリックorタップで拡大します)

↑30分足ではATR中心線がピンクになりかけ。
ーーーーー
・中心線が水色→買いバイアスが強い
・中心線がピンク→売りバイアスが強い
・青の星マーク点灯で買いシグナル
・茶色の星マーク点灯で売りシグナル
ーーーーー



↑このページのトップヘ